2018年05月23日

辻希美、「夏野菜大好き」トウモロコシ写真に「穀物だよ」の猛ツッコミ!

元モーニング娘。で現在はママタレントとしても活躍している辻希美さん(30)が22日、自身のブログを更新して話題になっています。
この日の辻さんはマネージャーと喫茶店で打ち合わせを行った後、スーパーに買い物にいったことを報告していました。

辻希美オフィシャルブログ「のんピース」より

(以下引用)
辻はスーパーで「本当ーに大好き」だというトウモロコシを見つけ、購入した3本のトウモロコシを自宅の床に置いてドアップで映した画像を「夏野菜大好き」というコメントともに投稿しているのだが、こうした辻の投稿に対して、ネット上では「もしかしてまた床置きしているの?食べ物なんだからテーブルの上で撮ればいいのに」「辻さん、とうもろこしは野菜ではなく穀物なんですよ…残念」「スーパーで買ったトウモロコシをブログに載せる芸能人なんているかね」などと厳しい声が噴出してしまった。
辻にとっては購入したトウモロコシを単にアップしたに過ぎないのだろうが、こうした何げない行動であっても一部ネット上では厳しい声が寄せられてしまっている。
(ネタりかより引用)


ただ、これだけ興奮気味にトウモロコシを見つけたことを喜んでいた辻さんですが、この日の夕食では結局トウモロコシは食卓に並ばなかった模様。「とうもろこしは収穫したその場から鮮度が落ちていくのだけど、なぜ今日食べないのだろう」というトウモロコシ好きを公言した辻さんにとっては耳が痛いコメントも確認されました。
重箱の隅をつつくような指摘との見方もあるものの、辻さんのブログは閲覧数が多いのですから、写真の撮り方や言葉のチョイスにはもう少し注意を払った方がいいのかも知れませんね。
続きを読む
posted by 見張り隊 at 22:34| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六本木で目撃 元SMAP草g剛が超ハイテンションでお買い物。

「ロト・ナンバーズ」のCMに出演したり、香取慎吾さんとのユニット曲がオリコンチャートで1位を獲得したりと、いまだに根強い人気を見せつけている元SMAPの草g剛さん(43)。独立後も順調に活動を続ける草gさんが、六本木の高級スーパーマーケットで目撃されました。


(以下引用)) 
草gの買い物に居合わせた主婦がこう語る。
「草gさんはひとりでスーパーに現れると、手が空いてそうな店員をつかまえ、『今日はすき焼きパーティーなんです! 4〜5人前のすき焼きの材料を買いたいんだけど、すき焼きの具材が分からないから全部揃えてもらえない?』とハイテンションでお願いしてました。
本来そんなサービスはないのですが、店員さんも草gさんだと分かり、特別にコンシェルジュのようなことをしていました。野菜コーナーからお肉コーナー、ダシや調味料のコーナーとカートを押して一緒に全部回って、すき焼きに必要なすべての買い出しのお手伝いをしてました。
草gさんは隣で付いて回るだけで何もせず、無邪気に『すき焼きの具が何か分からないのは変ですか?みんな知ってるのかな?でも今日はお祝いなんですよー!』と終始笑顔でした。店員さんも草gさんが値段など何も気にしてないのをいいことに、高そうなお肉をカートにどんどん入れてましたから、ウィンウィンなんでしょうけど(笑い)」
(ネタりかより引用)


古巣のジャニーズ事務所は今も山口達也さん(46)の強制わいせつ問題に揺れる一方、独立した草gさんは自宅で仲間とわいわいとすき焼きパーティーですか。
思うところのあるジャニーズのタレントは多いはずですね。
続きを読む
posted by 見張り隊 at 22:08| Comment(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西城秀樹の告別式「スタジアム葬」ファンに感謝伝える。

5月16日に急性心不全のため63歳で死去した歌手の西城秀樹さんのベストアルバム『GOLDEN☆BEST deluxe』(2010年発売)と『GOLDEN☆BEST シングルコレクション』(2012年発売)に注文が殺到しているようです。

西城さんが亡くなり、あらためて彼の数多くの名曲に触れたいというファンが本当にたくさんいるのでしょう。発売元のソニーミュージックには21日までに計約3万5000枚の追加注文が寄せられたというのです。

(以下引用)

そんななか、25日と26日に東京の青山葬儀所で執り行われる葬儀告別式で、西城からの“ラストメッセージ”が贈られることが明らかになった。祭壇とは別にファンが焼香できる祭壇を設け、焼香を終えたあとの記念品として、若かりしころの西城のライブ写真に「ありがとう」という趣旨のメッセージが添えられたポストカードを配布するという。

「西城さんは“スタジアム葬”で送られるようです。西城さんは1974年、日本のソロ歌手で初となる野球場での単独コンサートを大阪球場で敢行しています。今日のライブエンターテインメントの礎を築いたまさに功労者です。関係者によると、同球場の外野スタンドをモチーフにした祭壇が特設され、センターの上方に遺影を掲げ、グラウンド部分には1本のマイクスタンドが設置されるそうです」(同・記者)

誰もやったことのないパフォーマンスを命懸けで

1974年8月3日、西城は大阪球場で行った『ヒデキ・イン・スタジアム 真夏の夜のコンサート』でファンの度肝を抜いていました。工事用クレーン車で地上40メートルに宙づりにされたゴンドラに乗っての歌唱、ヘリコプターを使った派手な登場、豪華な打ち上げ花火…。当時、誰もやったことのない演出を、スタッフとともに命懸けで成し遂げたのです。

同所での公演は1983年までの10年間、毎年夏に開催されました。「大阪球場を本拠地としていた当時の南海ホークスの試合よりも客が入る」と言われたほどで、スタンドは超満員だったそうです。

(まいじつより引用)

[枚数限定]GOLDEN☆BEST 西城秀樹 シングルコレクション/西城秀樹[CD]【返品種別A】 - Joshin web CD/DVD楽天市場店
[枚数限定]GOLDEN☆BEST 西城秀樹 シングルコレクション

26日の葬儀は盟友だった野口五郎さんが代表して弔辞を読むそうです。多くのファンもまた、西城さんに感謝を伝えることでしょう。

続きを読む
posted by 見張り隊 at 20:46| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草なぎ剛、実力派揃いの舞台で存在感!稲垣吾郎も観劇後「ありがとう」と感動を表現!



タレントの稲垣吾郎さんが22日、自身のブログを更新し、草なぎ剛さんが出演する舞台「バリーターク」を観劇したことを明かしています。


(以下引用) 

稲垣も「共演の松尾諭さん、小林勝也さんの舞台人としての落ち着き、そして白井晃さんの繊細で緻密な演出が、上手く彼の手綱を引いて素晴らしい作品に仕上がっていました」と絶賛するように、この舞台は実力派が揃った豪華なもの。白井は自身も演者として映画やドラマに出る傍ら、演出家としての受賞歴が数多くあり、松尾も小林も演技派俳優として名高い。そこに草なぎが加わるのだから、知名度ではなく、その演技力が認められてキャストに選出されたことは言うまでもない。


実際、すでに観劇したファンらも「草なぎは本当に演技がうまい。唯一無二の俳優だと思う」「剛くんのパワー溢れる熱演、繊細な演技素晴らしかった」と絶賛している様子。稲垣も「あんなにも美しくイノセントな彼をはじめて感じたかも」「『草なぎ君ありがとう』なんて、言ってみる」と綴っていることからも分かるように、よほど感動したのだろう。


また、それと同時にファンが注目したのは、稲垣と草なぎが写った写真の表情だ。稲垣は、草なぎと白井との3ショットを載せているのだが、そこに写る草なぎと稲垣の表情が穏やかで、「二人とも本当にいい表情」「ジャニーズを辞めて達成感といい出会いがあったんだな」と、ファンはしみじみと2人の成功を喜んでいるようだ。さらに、草なぎは自身がCM出演する「1本満足バー」を手にするというユーモアも忘れておらず、「吾郎さんが来てくれたのが本当に嬉しかったんだな」と微笑ましく思う人も多いようだ。

(デイリーニュースオンラインより引用)


草なぎさんと稲垣さんは、昔から互いが出演する舞台を観に行っているようです。稲垣さんは草なぎさんのことを『優しくて繊細』『会話をしなくても平気で居心地がいいから、気づけば2人でいることが多い』と以前テレビで語っていて、二人の関係性を『縁側に佇む夫婦』と表現していました。

そんな2人の友情も、ファンを魅了する要因の一つでしょうね。


続きを読む
posted by 見張り隊 at 14:18| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

元TOKIO山口達也に「双極性障害」だけでなく、多重人格の疑いも!? シャレにならない病状を医療関係者が語る

突然の契約解除から2週間。ジャニーズグループ「TOKIO」の元メンバー・山口達也の騒動は鎮静化したかに見える。山口は芸能人としてのステータスを失い、番組やCMなどの違約金、入院費用などで3億円の貯金を失うとの報道も飛び出した。だが、山口に近い関係者に言わせれば「地位やお金よりも彼の命の方が大事」という。それほどまでにシャレになっていないのか……。

 山口が入院しているのは、東京近郊にある心療内科専門病院。強姦致傷容疑で逮捕、不起訴になった俳優高畑裕太も入った病院で、出入りは厳重にチェックされ、部外者は立ち入ることはできない。全室個室で、トレーニングルームやシアタールームも完備され、有料でスパトリートメントやアロママッサージまで受けることもできる。入院費は1日1万5,000円から1万8,000円。保険が適用されるが、個室のために生じる差額ベッド代(約9,000円)は全額自己負担。月額費用はしめて20〜30万円だ。

 山口が受診しているのは心療内科。アルコールの過剰摂取による内臓数値の悪化も心配されるが、それ以上にメンタル面が深刻だという。一部女性誌では躁と鬱を繰り返す「双極性障害と診断された」と報じられたが、病名を特定するのは早計。複数の症状が混在することもありえるからだ。医療関係者の話。

「山口さんからは『双極性障害』だけでなく『解離性同一性障害』の可能性も危惧されます。いわゆる多重人格。芸能人仲間からは『礼儀正しく、好青年』という評判しか聞きませんが、一方で『ダメだ』とわかっていても酒を飲んでしまう。一部スポーツ紙では車がビュンビュン通る道路を横切り、注意されたと報じられていました。この二面性はどこから来ているのか。躁鬱だけでは判断できない面があります」

 どちらにしても自然治癒はほぼ不可能で、今後の長い人生、山口は自分と向き合い、定期的に病院で投薬治療を続ける必要がある。ファンの中には将来的なTOKIO復帰を望む声も上がっているが、そうした重圧が山口を苦しめることにもなりかねない。スポーツ紙のジャニーズ担当記者は「山口に引導を渡したのはジャニー喜多川社長ですが、それはほかのメンバーへの悪影響を考慮したものではなく、山口の精神面を推し量り『これはタレント活動どころじゃない』と判断したからです」と話す。快方に向かえば良いが……。

posted by 見張り隊 at 12:01| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
body{ font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'メイリオ', Meiryo, 'MS Pゴシック', sans-serif !important; } “.text{ font-size:16px; margin-top:0px; padding:5px 0px 0px 0px; line-height:200%; }”