2016年10月31日

若者には不評?織田裕二が日曜劇場『IQ246』で怪演も賛否両論。

織田裕二さんが主演を務める日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)。ディーン・フジオカさん、中谷美紀さん、土屋太鳳さんなどの豪華キャストが出演していることからも、放送前から期待値が高いドラマだが、ネットでは「織田裕二の話し方が変」などと話題になっているようです。


(以下引用)
■織田裕二のキャラ設定にはネットでも賛否が
Twitterでは、ドラマを観た人が織田の演技についてさまざまに呟いている。「○○みたい」「○○のマネ?」というような声が数多く上がっているのだ。

https://twitter.com/aikotoba18/status/792596828516589568
https://twitter.com/lQpcAkiCtg5ToSV/status/792596816613081088
https://twitter.com/cowboy_cowboy/status/792596728423776256
https://twitter.com/linto1006/status/792595773535817728
https://twitter.com/lunalunal0917/status/792594538812407809
https://twitter.com/lyricalko/status/792604507494420480

など、織田のキャラ設定についてだけでも盛り上がっている様子。

■若者には『踊る大捜査線』青島のイメージが強すぎ?
しらべぇ編集部では独自に、織田に関してこのような調査をしてみた。「織田裕二は『踊る大捜査線』の青島俊作のキャラが強すぎるか」というものである。

すると、年代別では20代の若者が5割を超えて「織田=青島」だと回答。
編集部の取材でも、『IQ246』を観たという20代女性からは

「『IQ246』の変なキャラも別に嫌いではないのですが、踊るファンからすると『青島のイメージが消えていく―』と、ちょっとした悲しみが。ずっと、織田裕二さんを青島そのものだと思ってきましたから…」

と戸惑いの声も。

■『IQ246』の織田裕二 観れば観るほどほどクセになる!?
また編集部では、『IQ246』を観る前は織田の主演に否定的だったものの、観てから印象が変わったという人に取材。今では、すっかりハマってしまったという。

「先入観でこのドラマを観ていない人は、観たほうがいいかも。たしかに最初、織田裕二のキャラには違和感があったのですが、観ればみるほどクセになるんですよね。

前回の日曜劇場がヒューマンドラマであまり僕にはハマらなかったので、『IQ246』ぐらいぶっ飛んでるストーリーのほうが面白いです」(30代男性)

「絶対観ないドラマだと最初は思っていたのですが、再放送を観てからファンに。変な織田裕二さんも、なんか新鮮でいいなと思いました。これまでの織田さんのイメージが打ち砕かれた感じ。基本的に1話完結型なので、見逃した人も今から間に合いますよ」(20代女性)
(しらべえより引用)


役者は演じた役柄が強すぎるほど、他の作品に出演したときに比べられてしまうもの。今回の織田さんに関しても、そう思っている人はいるでしょう。

一度先入観を捨てて、『IQ246』を観てはどうでしょうか? 新たな織田裕二さんに魅了されるかもしれません。

●過去の記事はこちらへ


今日の売れ筋商品!


posted by 見張り隊 at 22:36| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スマスマ」後番組、中居正広にオファーも説得は不調!?

番組と共倒れに…。
まさに五体バラバラ、空中分解のまま「リミット」の年末が迫っているSMAP。メンバーが唯一顔を揃える長寿番組「スマスマ」も終焉が近づいているのですが、「事後」をめぐる攻防にも“解散風”は爪痕を残しつつあるようです。


(以下引用)
現在、SMAPの5人が一堂に会する姿を目にできるのは「SMAP×SMAP」(フジ系・月曜22時)のみである。放映開始から20年超、「ビストロSMAP」などの人気コーナーを擁する同番組は、グループの象徴ともいえるのだが、

「解散に伴い、番組も12月26日の放映をもって終了予定。年明けからは、これまでと同じくフジと関西テレビの共同制作で新番組を立ち上げることになります」

とは、さる民放関係者。が、何しろ20年にわたる不動の“枠”である。グループは解散しても、さしあたりジャニーズ事務所の所属タレントとして個々活動していくしかなく、後番組に関する折衝も、以下のように繰り広げられてきた。

同事務所の事情を知る関係者が明かす。

「ジャニー喜多川社長は、『引き続きウチの出演枠をキープできないだろうか』と考え、早い段階で藤島ジュリー景子副社長にそう漏らしていた。あわせてフジ側も『中居さんメインで何か作れれば』と、事務所に水面下でオファーしていたのですが、当の中居は首を縦に振ろうとせず、説得は不調に終わりました」

というのも、現在メンバーは、それぞれ新たな仕事を打診されてはいるものの、

「やはり気持ちが切り替えられないのか、誰も受けようとしない。おしなべて、前向きになれない状態にあるのです」(同)

■特番で「緊急避難」
先の民放関係者が言う。

「スマスマの番組枠は、関西テレビがスポンサーへのセールスを担い、フジが実際の企画や収録を行なうという役割分担。後釜についても、来月半ばには発表しなければなりません。『他ならぬスマスマの後だから』と、なおも出演交渉を続けたいフジに対し、スポンサーの手前、カンテレは待ちきれず、フジをせっついて結論を出させたのです」

苦肉の策で決まったのが、これまで特番として3回放映された「ズレ→オチ」なるバラエティのレギュラー化であった。

「芸能人が自分についての世間のアンケート結果を予想し、そのギャップをゲームにするという趣向で、司会はフットボールアワーの後藤輝基と田中みな実アナ、そして『関ジャニ∞』の横山裕。最初の15年10月は視聴率7・3%。2回目の今年正月は6・2%で、直近の7月は8・0%でした」(同)

その流れを引き継げば辛うじて「ジャニーズ枠」が残るとはいえ、局が思い描いていた形に程遠いのは言うまでもない。フジテレビ関係者が言う。
(週刊新潮より引用)


『スマスマ』も最近はひとケタ台に落ち込んでいますが、“腐っても鯛”でスポンサーはついてきたのですが、年明けから広告費の大幅ダウンは目に見えています。

春の改編までは緊急避難でやり過ごし、その頃は『元SMAP』となっているメンバーらの再説得も含め、一から作り直さざるを得ないのでは。

お台場方面では向こう半年、猛烈な解散風が吹き荒れるのは間違いないでしょう。

●過去の記事はこちらへ


今日の売れ筋商品!


posted by 見張り隊 at 15:32| Comment(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森田剛&宮沢りえはダミー?関ジャニ∞を徹底ガードするジャニーズ戦略か…。

10月27日発売の「週刊新潮」がスクープしたV6・森田剛さん(37)と女優・宮沢りえさん(43)の熱愛劇には、ある思惑が隠されている──そんな見方が浮上しているようです。
ジャニーズの交際報道にしては珍しく、この一件はワイドショーなどでも大々的に取り上げられています。

しかし、「森田&宮沢ネタが盛り上がるのとは反対に、関ジャニ∞・大倉忠義さん(31)のスキャンダルはまったくと言っていいほど広まっていないようです。


(以下引用)
「大倉は写真週刊誌『フライデー』(講談社)で吉高由里子(28)との交際が伝えられていましたが、10月28日発売の同誌は、ふたりのバリ旅行を再スクープ。両者の関係を巡っては、一度、大倉本人が『お友だちです』と交際を否定したものの、今回の記事でウソだったことが明らかになってしまいました。ファンはさぞやきもきして続報を待っているでしょうが、少なくともこの件がテレビや新聞で報道されることはなさそうです」

そしてこちらとは対象的に、森田と宮沢の熱愛に関しては、ジャニーズがワイドショーなどに「後追い報道」を容認する異例の対応を見せているという。
「むしろ“どうぞやってください”とばかりに後追いを許可しています」(前出・記者)
その言葉通り、御用メディアのワイドショーではこぞってこの話題を取り上げている。その落差はすさまじいばかりだ。

●関ジャニはジュリー副社長のゴリ押し案件
テレビ局関係者が証言する。
「ジャニーズの藤島ジュリー景子副社長(50)は、現在はHey! Say! JUMPと並んで関ジャニをゴリ押しの対象グループに据えています。そのため、大倉のような中心メンバーが“男女交際”を匂わせることは絶対許せない。
しかし、それではマスコミ側に示しがつかないと、ほぼ同時期に発覚した森田の熱愛を報じさせることで“ガス抜き”させているというワケです。また、森田は以前、元AV女優の美雪ありす(29)と半同棲生活を送っていましたが、宮沢を交際相手に印象づけることで過去の女性関係も払拭でき、一石二鳥の作戦となっている」
(デイリーニュースオンラインより引用)


だとすれば、あまりに露骨な広報戦略ではないでしょうか。

副社長のお気に入りだから関ジャニは守り、その一方でV6を捨て石にしているわけで、当然不満も出ています。昔と比べて“弱体化”が叫ばれるジャニーズですが、まだまだ報道規制はお手の物のようですね。
 
森田さんにとっては、ジャニーズから容認された状況と守られない状況、果たしてどちらの方が良いのでしょうか。

●過去の記事はこちらへ


今日の売れ筋商品!



posted by 見張り隊 at 15:29| Comment(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
body{ font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'メイリオ', Meiryo, 'MS Pゴシック', sans-serif !important; } “.text{ font-size:16px; margin-top:0px; padding:5px 0px 0px 0px; line-height:200%; }”