2018年02月02日

たむけんに騙された!? 仮想通貨「芸能人被害者の会」結成か!

いま話題になっている仮想通貨の580億円分流出騒動。お笑い芸人の間でも話題になっていますが、『ナィナイ』の岡村隆史さんも、たむらけんじさんから「絶対、損はさせません」と仮想通貨への投資を勧められていたことを明かしています。

 

60分でわかる!仮想通貨ビットコイン&ブロックチェーン最前線 [ 仮想通貨ビジネス研究会 ] - 楽天ブックス
60分でわかる!仮想通貨ビットコイン&ブロックチェーン最前線

 

(以下引用)

岡村は2月1日の深夜に放送されたラジオ番組『ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、お笑い芸人たちのあいだでも仮想通貨への投資が流行しており、今回被害を被った『藤崎マーケット』のトキや、『ダウンタウン』の松本人志らはたむらの勧めで投資を始めたと明かした。

岡村はたむらから「兄さん、やってないんですか? え? いつまで馬乗るつもりですか? 僕らもう車乗ってますけど」、「革命ってご存じですか?」などと煽られ、「今度、時間あったら勉強会しますんで、ちゃんと聞いてやってみたらどうですか? 絶対、損はさせませんので」と誘われたという。興味を抱きつつも、その勉強会に参加する前に今回の騒動が起きたと語った。

たむらは1月30日放送の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に電話出演し、「仮想通貨の世界がスタンダードになる時代がもうそんなに遠くなく来るかもしれませんよっていうことは言ってました」と周囲に勧めていたことを明かした。その後に、「僕が絶対に言うてることは、まず絶対に余裕のお金でやってくださいって」と釈明していた。

●吉本興業がたむらを事情聴取も

「今回の仮想通貨流出事件でたむらに勧誘されて損をしたタレントたちは『被害者の会』を結成しそうな勢いです。なかには100 万円単位でつぎこんでいた人もいて、弁護士に相談していると聞いています。穏やかな話ではないですが、損害賠償の話になっていくかもしれません」(芸能関係者)

SNSでも《たむらはどこぞの組織の営業マンか》、《余裕のある金でやれじゃなくて「損しても俺は知らんぞ自己責任だ」という方がまともだろ》、《もうかる流行に安易に飛び付くから損する》、《いいかげんにきちんと働けよたむけん》などと批判が集中している。

(まいじつより引用)

アフター・ビットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者 [ 中島 真志 ] - 楽天ブックス
アフター・ビットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者 [ 中島 真志 ] - 楽天ブックス

先日、松本人志さんも買っていたことを吐露し、「どんだけ稼いでもうける気だ?」という声も上がっていました。事態が大きくなり過ぎました。この騒動の行く末はどうなるのでしょうか。これから、たむらさんに吉本興業が事情聴取をするかも知れませんね。

続きを読む
posted by 見張り隊 at 21:54| Comment(0) | お笑い芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鵬に疑惑?右ひじのサポーターは異常硬度、メーカー指摘。 デイリー新潮 さらば最凶の横綱白鵬!右ひじを守るサポーターに疑惑 メーカー担当者が首かしげる

白鵬が装着する右ひじのサポーターについて週刊新潮が報じています。
最凶の所以は「特注サポーター」の異常硬度。これには貴乃はが激昂していると言うのです。

どうやら、業者に特別に作らせて、一般の物よりも硬めに出来ているそうです。

白鵬伝【電子書籍】[ 朝田武藏 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
白鵬伝【電子書籍】

 

(以下引用)
かち上げと張り手が封じられ、今年の初場所を4日目にして休場した横綱白鵬(32)。場所中、貴乃花親方(45)はタニマチに白鵬が装着する右ひじサポーターの“特殊性”について語っていたという。

〈彼(白鵬)が巻いているサポーターというのは特殊なものらしい。どうやら業者に特別に作らせて、一般の物よりも硬めに出来ているそうです。そういうものを使うのは卑怯です――〉

“かち上げではなくエルボースマッシュ”という指摘がある白鵬の反則技は、関脇の勢(いきおい)や大関豪栄道らが犠牲者に。特に豪栄道は、2016年の夏場所の対戦で右ひじをもろにくらい、左眼窩内壁骨折を負っている。

 

大記録がかかった一番でも、「凶器」は容赦なく火を噴く。元横綱日馬富士による暴行事件が発覚した昨年11月の九州場所。40回目の優勝がかかった一番、白鵬の相手は平幕の遠藤だった。白鵬はこの取組でも、左で張った後に遠藤の顎辺りに右ひじを見舞っている。それで大きく後ずさりした遠藤はあっけなく土俵を割ってしまうのだ。

白鵬のエルボースマッシュが炸裂した勢戦と豪栄道戦、遠藤戦、いずれの際にもその右ひじにはサポーターが巻かれていた。今場所も出場した4日間は全て、サポーターを装着して土俵に上がっている。しかも、1枚ではなく2枚。映像を確認すると、外側のサポーターがずれた時、下にもう1枚つけているのが見えるのだ。2枚とも薄い肌色で、厚さはそれぞれ1センチ弱。外側の物は繊維の編み目が粗く、多少毛羽立っている。取組前、土俵下に姿を現した時にはすでにサポーターを巻いており、取組後は装着したまま支度部屋に戻っていくことが多いようだ。

白鵬が使用しているサポーターの“ベース”になっているのは、あるメーカーの製品である。

「映像を見る限り、白鵬関は一般の方が膝にするサポーターをひじに装着している。使い始めたのは2、3年前からのようです。内側の物はウール素材で、色はオフホワイト。外側にしているのは強圧迫サポーターと呼ばれる物です」

そう説明するのは、そのメーカーの担当者。

「強圧迫サポーターは、つけている部分を強く締め付ける物で、力を入れやすくなり、添え木のような効果があります。素材はレーヨン、ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン。ナイロンはかつて釣糸にも使われていた素材で、シャリシャリした手触りが出ます。顔に当たった場合、厚みがあるので、硬く感じるでしょうし、痛いと思います。また、繊維の編み目が比較的粗いので、こすれると摩擦で痛いはずです」

実際、相撲記者によれば、

「白鵬のかち上げをくらった力士が“やすりで削られたように痛かった”と嘆いていたことがあります。また、別の力士は“(サポーターは)水分を含んでいるような重量感があった”と言っていましたね」

 

白鵬がサポーターを2枚重ねて装着していることは前述した。その点、先のサポーターメーカーの担当者は首を傾げて、「内側のウール素材のサポーターは患部を温め、一日中つけていられる物。外側の強圧迫サポーターは競技中の短時間、患部をサポートする物です。正直、この2つを組み合わせて使うのは聞いたことがありません」と、語るのだ。

「それにより、かち上げの威力が増すかどうかは分かりません。ただ、かち上げをした時に自分のひじを守る効果は期待できます」(同)

不可解な点は他にもある。

「そもそも、ひじに膝用の強圧迫サポーターを使っている時点で本来の使用方法とは違うのですが、サポーターの向きも正規のつけ方とは違う。ひじの内側にくるべき部分が外側にくるように装着している。内側にくるべき部分は、膝を曲げた時に生地がだぶつかないよう、特に編み目を粗くしてあります」(同)

その強圧迫サポーターの色はホワイトかブラックの2色。ところが、白鵬が装着している物は肌色である。

「製品を紅茶で染めている、という話をウチの社員がどこかから聞いてきたことがあるようです」(同)

すなわち、少なくとも「色」に関しては既製品に「改良」を加えているわけだが、

「実は、業者に頼んで製品そのものも改良している、との情報がある。改良の際、白鵬サイドは、動物に噛まれても破れない特別な手袋と同等の硬度にするよう求めたそうです」(相撲協会関係者)

 

(週刊新潮より引用)

VENEX レッグコンフォート ベネクス リカバリーウェア ユニセックス 両足用 サポーター 疲労回復 快眠 安眠 - venexshop ( ベネクスショップ )
VENEX レッグコンフォート ベネクス リカバリーウェア 

サポーターをしているということは、ひじが悪いということでしょう。その悪いひじであんなひじ打ちが出来るということ自体がおかしいのでは。日馬富士による暴行事件に端を発する形で、ようやく横綱審議委員会は白鵬の張り手とかち上げに苦言を呈することになりましたが、遅きに失したとしか言いようがないですね。

いずれにせよ、張り手とかち上げという武器を封じられた白鵬は、新たな立ち合いを見出せなければ、もう、相撲人生は終わりでしょう。引退がぐっと近づいたのは間違いありませんね。            

posted by 見張り隊 at 14:28| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
body{ font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'メイリオ', Meiryo, 'MS Pゴシック', sans-serif !important; } “.text{ font-size:16px; margin-top:0px; padding:5px 0px 0px 0px; line-height:200%; }”