2018年02月05日

コインチェック流出被害、出川哲朗より重いフジテレビの罪「2億円以上の出稿」「他局は落としていた」

仮想通貨の大手取引所、「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した問題で、2月2日、金融庁がフジテレビの立ち入り検査に入っています。同社は460億円に上るとされる顧客への補償を、自己資金で賄うとしているようです。

そんな中、注目が集まっているのがコインチェックのCMに出演したのが出川哲朗さんです。

【中古】毎日どっきりvs出川/出川哲朗DVD/邦画バラエティ - ゲオ楽天市場店
毎日どっきりvs出川/出川哲朗DVD

(以下引用)

「出川は昨年12月に始まった『兄さんは知らないんだ』編に出演。一人二役で双子の兄弟に扮し、『なんでビットコインは、コインチェックがいいんだよ』というやりとりをするCMは視聴者に強いインパクトを与えていました。実際、人気タレントの出川が出演したことで同社の売り上げは急増。新規で購入した人にかなりの影響力を及ぼしていたことは間違いありません」(広告代理店関係者)

すでにコインチェックの公式サイトからは出川の画像と動画は削除されているが、ネット上では被害者に対して、「出川が賠償責任を負う可能性はあるのではないか」「いや、完全にもらい事故だろ、むしろ被害者」といった意見がぶつかり合っている。

しかし、その出川以上に叩かれているのがCMを流したテレビ局。とりわけ、業界関係者はフジテレビに対して厳しい見方をする。

「実はコインチェックのCMを流していたのはフジとテレビ東京で、フジには2億円以上、テレ東には1億円以上の出稿があったとされています。他の日本テレビ、TBSは社内審査で“怪しい”と判断して落としているのです。関東ローカル局のテレ東はともかく、他のキー局と比べてフジは格段に審査が甘かったと言わざるを得ません。

経営状況が厳しいあまり、おいしいエサに食いついてしまったのが実情でしょう。フジの信用は、またもや失墜してしまったようですね。

 

(日刊サイゾーより引用)

アフター・ビットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者 [ 中島 真志 ] - 楽天ブックス
アフター・ビットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者 [ 中島 真志 ]

ビットコインに代表される「仮想通貨バブル」によって、芸人の間では奇妙な逆転現象が起きていたそうです。

芸人としてはサッパリ売れていないのに、仮想通貨の爆騰によって、売れっ子よりも儲かっている芸人が続出していたそうです。

 

しかし、バブルはすぐ消滅してしまう。金のない輩にはどうでもいい話ですが…。

posted by 見張り隊 at 16:22| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“長女が大麻逮捕”で見せた、大竹まことの親バカぶり「2度とやらないと思う」って……

タレント・大竹まことさんの会社員の長女(28)が大麻取締法違反(所持)容疑で先月28日夜に逮捕されていました。

これを受け、大竹さんは1日に都内で、会見を実施。冒頭で「親の監督不行き届きで、本当に申し訳ありません」と約10秒、深々と頭を下げています。

人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー 朗読CDブック [ 大竹まこと ] - 楽天ブックス
人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー

(以下引用)

大竹によると、長女は先月28日未明に警察に職務質問され、朝まで取り調べを受けた後、一度は大竹が住む実家へ戻るも、警察が来て出頭をうながし、逮捕されたという。

 長女は大学卒業後、デザイン系の会社に就職して6年間、自活していた。大竹は「正月にも、みんなで楽しく会って、その後も2、3回、会っています。先週も明るく今の状況や将来について明るく話した」と明かす一方で、「娘の育つ過程で、私のとても仕事の忙しい時期と重なった。普通のお父さんのように娘と共有する時間がなかった。悔やまれてなりません」と唇を噛んだ。その一方で「信じていただけないかもしれませんが、娘は二度と、このような犯罪を犯さないと思っています」との“大甘発言”も……。

大麻や覚せい剤の常習性は高く、これまで何人も「やめます」と言いながら再犯を繰り返してきた。社会部記者の話。

「長女は徒歩中ではなく、車を運転している最中に警察官に目をつけられ、職務質問された。蛇行運転など不審な動きをしていたわけではなく、警察官と視線が合って、すぐに逸らすなど、薬物依存者特有の動きをしたのが決め手となった。職質中は常にソワソワしていて、大麻の入った袋をギュっとにぎりしめていたとか。バレバレだったようだ」

(日刊サイゾーより引用)

悪法!!「大麻取締法」の真実 「金の卵」を意識的につぶしている実情をぜひ知ろう - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
悪法!!「大麻取締法」の真実 

押収された大麻の量はごく微量だったとはいえ、万が一、大麻をキメて運転していたのならば、ひとつ間違えば重大事故にもなりかねない。大竹さんはまだ大麻や薬物の恐ろしさをナメているのでは。

やはり芸能人は“親バカ”なのでしょうか――。 

posted by 見張り隊 at 14:21| Comment(0) | 芸能スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
body{ font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'メイリオ', Meiryo, 'MS Pゴシック', sans-serif !important; } “.text{ font-size:16px; margin-top:0px; padding:5px 0px 0px 0px; line-height:200%; }”